自分のニーズに合った宅配食

宅配食を利用するということ

宅配食の特徴

宅配食は「食事を配達してもらう」ことです。
宅配してもらうわけですから、提供されるのはお弁当の形が圧倒的に多く、そのイメージを持つ人も多いと思います。
他にも、好きなおかず、お惣菜を選んで配達してくれるものもあります。
依頼するほうは、食事について一切の心配や時間をかける必要がなくなるわけですから、とても助かりますよね。
では、料理を自宅まで届けてくれる「出前(デリバリー)」とは、どう違うのでしょうか。
宅配食は日数をまとめて契約します。
月単位、週単位で配達してくれるところが多く、事前に申し込みます。
電話やネットで注文すればすぐに届けてくれるわけではないのです。
食事の回数も一食から三食と選ぶことができるので、こちらの都合に合ったスタイルで利用することができます。

宅配食を必要としている人

利用者は、どういった人が多いのでしょうか。
サービス対象として特定の利用者を想定しているわけではないのですが、食事の支度が負担になっていたり、食事の内容に気を使わなければならない高齢者の利用が多いようです。
材料の準備や調理、後片付けなど、一日三回の食事の支度は、かなり負担になりますし、
火を使うことで、火事の心配も出てきます。
面倒に思うあまり、食事を抜いてしまうことも。
三食しっかり食べることは、エネルギーの源であり、生きていくうえで大切です。
高齢の方には特に、意識して食べてもらいたいもの。
食事の世話をしてくれる家族がいるならいいですが、一人暮らしやご夫婦のみ、という世帯も多いのが現状です。
宅配食はそんな人たちにとって救世主なのです。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ