自分のニーズに合った宅配食

有名な宅配食業者と地元で愛される業者

どんなものが届くの?

大きく分けて二種類の形があります。
まず、レンジで温めて食べるタイプのもの。
冷凍・冷蔵保存で、食中毒などの安全性にも配慮したうえで何日間か保存することを前提に作られており、こちらが一般的です。
必ず要冷蔵なわけではなくて、常温で保存できるものもあります。
数食分がまとめて届くので、保管場所を取ります。
一方で、届いたらすぐに食べられる出来立てを配達してくれるサービスもあります。
暖かく、レンジで温める必要がないので、一番手軽です。
こちらは出来立て配達のため、食事の都度配達してもらうことになります。
また、保存を前提としていないため、暑い夏などは食中毒の心配も。
どちらも毎食違う献立を工夫していて、栄養のバランスもきちんと考えられていることが多いです。

全国展開と地域密着型

有名なワタミの宅食やウェルネスなどは、基本的に広域での事業展開をしています。
いわゆる大手になるため、サービス内容も充実していますね。
食事の内容も普通食だけではなく、塩分やカロリーなどを制限したものや、柔らかく調理して食べやすくしたものなど、幅広く取り揃えています。
病気などで自由に食事ができない人もいますから、いろいろ選べるのはとてもいいサービスですね。
地域密着型は、宅配範囲は狭いですが、その分一人一人に細かく配慮したサービスをすることができます。
どちらかというと「ご近所さんで助け合う」感じです。
温かい料理を運んでくれるのも、こちらが多いようです。
まとめて配達ではなくて、毎日届けてくれる形が多く、出前に似ている形です。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ