自分のニーズに合った宅配食

ニーズと利便性の合致

高齢者以外の利用者

高齢者が利用するイメージが大きいですが、そうでない人もターゲットになっています。代表的なのは、共働きのご家庭。
子供や自分たちの食事を作る時間がない、そこに時間をかけたくないというママ達が安心して依頼できるようなサービスを提供しています。
業者によっては、おやつや軽食を取り扱うところもあるようです。
また、ダイエットなどで食事をコントロールしたい人にも。
必須の栄養はきちんと取って、カロリーや糖質を抑えた食事を、自分で毎食作るのは大変です。
食材が無駄になったり、スーパーで余計なものを買ってしまったりと、自己管理には限界があります。
宅配食は管理栄養士が献立を監修しているところもあって、プロの手を借りることができます。
また、買い出しに行く必要がないので、誘惑に負けることもないですよね。
単に食事だけでなく、それに関連したところでも助けになってくれるのです。

自分にとってお得で安いもの

いくつかある宅配食業者の中で、何を基準に選ぶべきか。
まずは、業者ごとにメニューの傾向や味が違いますから、飽きずに毎日食べられるものを選ぶ必要があります。
また、宅配される頻度も大切。
毎日だと大変、とか、こまめに配達してほしい、といったニーズは人によって違いますから、注意したい点です。
どこも有料ではありますが、お試しサービスがありますから、利用して比較してみましょう。
他に気になるのは、やはり値段です。
一食当たりに換算すると、300円台から500円台が多いです。
メニューやボリューム、サービスも含めた値段になりますので、総合的に判断しましょう。
安ければいいというわけではありません。
コストパフォーマンスの良い宅配食が見つかるといいですね。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ